ノリと勢いで青春18きっぷ旅してきた話(Chapter3:福井~香川編)

にゃんぱすーteniosoです。

 

 18きっぷツアー以外に現像ほったらかしてる写真があるせいで未だに日記として投下できてないものがあるのでなんとかこのシリーズを完結して全部投下したいなと思います。

そんな事よりゲーマーズが凄くめんどくさくて面白い。

ゲーム要素申し訳程度だけどここまで拗れるのあんまりない気がする。

比類なき面倒くささ。

そんなわけで敦賀の東横でなんだかんだ洗濯機と乾燥機に翻弄されつつも

母なるマットレスonオフトゥンがもたらすヒーリング効果は絶大で結構体力が回復しました。

東横はなんと朝飯が出るのです。良いよね。おにぎり、パンとスクランブルエッグ的なやつだけどこういうのが良いんだこういうのが。

 

そんなわけで足早に敦賀を去ろうと思うもののここで今回の旅の岐路に立たされることになるのです。

 

なんと日本海海岸沿いを走る小浜線が本数少なすぎて13時過ぎまで来ない。

その前は10時ちょい過ぎ発だったんすが気が付いたのが10時ちょい過ぎ。

 

これはどうしたもんかと。そもそも時刻調べてスケジュール立てて起きとけよってツッコミは野暮ってもんです。コンセプトから逸脱する。

 

で、待とうかななんて思ったけどチェックアウトもあるし敦賀で3時間強過ごすいいアイデアも浮かばない。ていうか天気悪いしどうせ景色も分かり切っている。

 

となればですよ。

 

と!なればですよ!

 

北陸本線に乗って琵琶湖沿いを通って京都へ抜け、そこから再び山陰本線で豊岡(兵庫の上の方)に出よう!そうしよう!ってね。

 

電車も割とすぐ来るっぽいのでちゃっちゃと支度を済ませて北陸本線へ乗り込みます。

 

そんでもって暫く田んぼを眺めてると見えてくるんですよね。

琵琶湖。

 

人生初の琵琶湖に感動しながら揺られつつグーグルマップを見ているとやけにでっかく表示される神社があるんですよね。白鬚神社って言うんですけど。

いやお前それ有名だからって思った方も多そうですが東尋坊同様当日まで知りませんでした。

タップすると湖の中にある鳥居の写真が出てきて、ああこれは行くしかねえなと。

 

最寄りはどこだそもそも近いのかと調べてると…なんと次の駅の近江高島駅が最寄り。

慌てて荷物まとめて下車の準備をして降ります。

 

降りました。

f:id:tenioso:20170907164456j:plain

さーて距離自体はやっぱり4キロ程。

駅構内に観光案内所があったのでバスが無いか問い合わせようと試みるもののなんか中国人っぽい人が案内員囲んでて中々回ってこない。

んでもってやっと自分の番が回ってきて聞いてみるとなんとバスは無いとの事。

 

乗り合いタクシー的なもがあるらしいけどどうも予約制だかそんなんでダメだと。

 

普通のタクシー呼ぶしか無いかなあと諦めようかと思った矢先に飛び込んできたのは

いかにもレンタル用のママチャリ。

 

を颯爽と漕いでいく中国人たちの後ろ姿。

 

そうか~~~そういうのもあるのか~~~~~~~!!!

 

踵を返して利用できるか即問い合わせます。

 

さっきので全部無くなった~~~~!!!

 

終わった~~~~~~~~~~~

 

と、途方に暮れてると丁度一台返ってきたので300円払って即効で愛車を入手(数時間限定)

 

行くぜ~~~~~ 

 

f:id:tenioso:20170902222223j:plain

 

ってな具合で琵琶湖沿いを爆走します(ママチャリで)

 

f:id:tenioso:20170907165239j:plain

 

んでもって着きましたよ白鬚神社

 

一度も使ってないので格安望遠取出しました。

f:id:tenioso:20170902222224j:plain

f:id:tenioso:20170902222225j:plain

f:id:tenioso:20170902222226j:plain

f:id:tenioso:20170902222227j:plain

f:id:tenioso:20170902222228j:plain

f:id:tenioso:20170902222229j:plain

こっからは標準ズーム

f:id:tenioso:20170902222232j:plain

f:id:tenioso:20170902222230j:plain

f:id:tenioso:20170902222231j:plain

こっからいつもの超広角

f:id:tenioso:20170902222234j:plain

f:id:tenioso:20170902222235j:plain

f:id:tenioso:20170902222236j:plain

f:id:tenioso:20170902222237j:plain

f:id:tenioso:20170902222233j:plain

 

鳥居良いよね鳥居

 

陸側も

f:id:tenioso:20170902222238j:plain

f:id:tenioso:20170902222239j:plain

 

ひとしきり堪能し帰り道は若干迷いつつも戻ってこれました。

f:id:tenioso:20170902222240j:plain

 

そんな感じでまたもや勢いだけの途中下車をし時間をロスしますが今回は大収穫だったのでOKです。最高でした。

 

ではそんな感じで駅へ戻り京都を目指してる時にふと思ったのです。

なんか京都素通りっていくらなんでももったいなすぎないかと。

 

しかしあんな本気で回ったら一週間居れるようなとこに寄ってしまえば一日が簡単に溶けますので一度も行った事無い所にしようと至って自然な流れになるわけです。

 

実は伏見稲荷大社って一度も行ったことなかったんですよね。

 

いなり、こんこん、恋いろはの聖地巡礼も兼ねて向かうことにしました。

 

で、つきました。

 

f:id:tenioso:20170902222241j:plain

ピンズレェ!!

f:id:tenioso:20170902222242j:plain

 

見事な朱色です!

f:id:tenioso:20170902222243j:plain

オタクはすーぐ広角で下から煽る

f:id:tenioso:20170902222244j:plain

 

上まで行くとこりゃ結構時間食うな…って事で半分くらいつまみ食いして戻ることにしました。

f:id:tenioso:20170902222245j:plain

 

さあ行くぞい

f:id:tenioso:20170902222246j:plain

 

はじめてのせんぼんとりい

f:id:tenioso:20170902222247j:plain

f:id:tenioso:20170902222248j:plain

 

しゅごい

f:id:tenioso:20170902222249j:plain

f:id:tenioso:20170902222250j:plain

 

とてもテンションがあがる

f:id:tenioso:20170902222251j:plain

f:id:tenioso:20170902222252j:plain

f:id:tenioso:20170902222254j:plain

f:id:tenioso:20170902222253j:plain

 

うか様には会えませんでしたし神通力も授かりませんでしたが、とても感慨深いものがありました。来てよかった。

 

 

f:id:tenioso:20170902222258j:plain

f:id:tenioso:20170902222255j:plain

f:id:tenioso:20170902222257j:plain

f:id:tenioso:20170902222256j:plain

 

てなわけで良い加減腹減ったのでフライングで甘味です。

何味ってそらもうアレですよ。これですよ。

f:id:tenioso:20170902222259j:plain

f:id:tenioso:20170902222300j:plain

 

さーてこっから戻るかなあって考えたんですが、稲荷まで来ると宇治目前なんですよね。

 

富山で解散したぺすさんを出し抜く形になっちゃうけどちょっと行ってみようかなってツイッターで動向チェックしてみたら

 

なんともういる!!

 

すごい奇跡ですよこれは。

なんの打ち合わせもせず富山で解散して大体おんなじタイミングで宇治で再会って。

そもそも俺がコマ進めなさすぎってなだけなんだけど。

 

そんなわけで連絡を取り待ち合わせ。

 

で、再会です。

f:id:tenioso:20170907171116j:plain

f:id:tenioso:20170902222311j:plain

f:id:tenioso:20170902222310j:plain

 

そんなわけでぺすさんと合流し響けユーフォニアム聖地巡礼light(時間の都合上)を敢行します。

 

で、着いたわけですよ。黄前ちゃんが上手くなりたいって叫ぶあのシーンの橋。

 

こちらです。

たまたま電車通ってラッキーですね!

f:id:tenioso:20170902222305j:plain

せっかくなのでぺすさんに再現していただきました。

f:id:tenioso:20170902222307j:plain

更にせっかくなのでモノクロverです

f:id:tenioso:20170902222303j:plain

f:id:tenioso:20170902222306j:plain

そしてこれは昭和感出すためにちょっとオールドスクールな感じに

f:id:tenioso:20170902222304j:plain

 

基本は満足なんですが、川がありえないくらい増水しててそこだけは残念でしたね。

 

これは反対側

f:id:tenioso:20170902222308j:plain

その他の聖地スポットは距離的にも時間的にもNGなのでせっかくの宇治ということで抹茶を堪能していこうと思いそれっぽい通りに入りました。

 

さあて、結構なお手前でってやつやりて~~…

 

 

…って、どうしてこうなった…

f:id:tenioso:20170907171223j:plain

 

好奇心は時に人を殺すと言いますが俺を殺しました。

美味い不味いとかじゃなく、常人には理解できない異邦世界の味わいでした。

 

(多分別々で飲んだほうが幸せになれます)

 

んで、適当に散策を続けるわけですがまあ目移りしますね。

最終的には茶そばに決めました。

結構お値段も良心的です。

 

 良い色です。とても美味でした。

f:id:tenioso:20170902222309j:plain

 

そんなこんなで駆け足でしたが稲荷宇治を堪能したわけですが、いくら駆け足とは言え大きなロス。これでは日本海へ戻ったらどこまで行けるのやら…

と、悩んだのですが天気悪いし、天橋立鳥取砂丘行っても感動は薄れるし、

どうせ星撮もできないだろう。ならばきりあげて深夜フェリーで四国に向かってしまおうと。

 

決断してからの行動はスムーズでした。電車に乗るだけですが。

フェリーが出るのは神戸なので神戸に向かうわけですが深夜までかなり時間があるわけですね。

 

そこで本当に思い付きなのですがツイッターなどで一部に有名は神戸ナワジジョテイでカレーを食うことにしました。

 

最寄りは舞子駅

 

到着も恐らく日の入りくらいで丁度いいし、瀬戸内海沿いだしついでに夕日的なものでも撮っておこうかなと考えました。

 

そして舞子駅が近づいてくるわけです。

んでもって中から明石海峡大橋が見えるわけですね。

f:id:tenioso:20170908162253j:plain

 

近くに行って初めて橋の存在に気づきました。

こ~れはいいですね~テンションあがります。

カレー食ってる場合じゃなくなりました。

さっそく下車して近くまで行ってバシャバシャ撮ってきました。

 

デン 

f:id:tenioso:20170902222312j:plain

謎のドーナツモニュメントを窓に見立てて

f:id:tenioso:20170902222314j:plain

石碑と

f:id:tenioso:20170902222315j:plain

貴重なローアングル

f:id:tenioso:20170902222316j:plain

超広角大活躍。

とてもえっちです。

f:id:tenioso:20170902222317j:plain

なんとなく望遠も。相当頑張りましたがどうやってもちと眠いですね。

f:id:tenioso:20170902222318j:plain

色が変わりましたね

f:id:tenioso:20170902222319j:plain

f:id:tenioso:20170902222320j:plain

.

そんなわけで一時間以上明石海峡大橋を撮って満足したところでいい加減腹が減ったのでナワジョティを目指すわけですが、やっぱり3キロちょい。しかも登り坂ときた。

 

昨日しこたまあるいたせいかかかとがヒリヒリして痛い。

人間コンクリートの上をたくさん歩くとこうなるんだなとしみじみ耽ってると、

良い感じの階段が。

 

こういう住宅地にある急な階段ドラマやアニメにでてきそうだけど案外ないんですよね。

 

不審がられながらも三脚立ててきました。

良いんじゃないすかね…

f:id:tenioso:20170902222321j:plain

 

はい、とこんな感じでちょこちょこ遊びつつどうにかナワジョティへ着きました。

f:id:tenioso:20170908163355j:plain

f:id:tenioso:20170908163358j:plain

f:id:tenioso:20170908163400j:plain

 

さてラム料理長は居るのだろうか。

 

ドキドキしながら扉を開ける。

挨拶と共に現れた人物、なんと料理長でした。

 

写真で見た姿まんまでした。

 

とりあえず注文はなんか高そうなやつにしました。

 

店内はそこそこ広く雰囲気も良い感じです。f:id:tenioso:20170902222322j:plain

f:id:tenioso:20170902222323j:plain

f:id:tenioso:20170902222324j:plain

f:id:tenioso:20170902222325j:plain

 

キョロキョロあたりを見回してるうちに来ました。

とても美味い。

f:id:tenioso:20170902222326j:plain

食後のデザート的な

f:id:tenioso:20170902222327j:plain

料理長以外にも何人かスタッフがいらっしゃったんですがほぼ全員から、

味はどうですか、口にあいますかと尋ねられて笑ってしまった。多分4回は訊かれた。

 

多分、Twitterで見ましたって言われ慣れてるんだろうなと思いつつその旨を料理長に伝えると喜んではくれたもののやはり言われ慣れてる感を感じました。

 

東京から来たって言うと流石にそこそこ驚いてたけど。

 

あと記念写真もせっかくなんでお願いしたらやはり言われ慣れてるようでどこで撮りますか?とスムーズに案内してくれた。

撮影係のスタッフも来る。慣れてる…

 

てなわけで

f:id:tenioso:20170908164116j:plain

 

お腹も一杯になったところで神戸を目指します。

 

着きました。

f:id:tenioso:20170902222328j:plain

 

なんとなくお台場感がある?

 

そしてなんとなく長秒露光

f:id:tenioso:20170902222329j:plain

これはリアルレゾリューションを使って動体補正をオフにするとこうなった

f:id:tenioso:20170902222330j:plain

 

歩きながらのスナップ的なやつもたまには

f:id:tenioso:20170902222331j:plain

 

まあやっぱ三脚立てますけどね

f:id:tenioso:20170902222332j:plain

 

橋の名前忘れた

f:id:tenioso:20170902222333j:plain

 

船ですね

f:id:tenioso:20170902222334j:plain

 

そしてしばらく散策してるといくつか気づくことがありました。

・とてもつかれた

・とても眠い

・てかフェリーのれんの

・てか雨じゃん

 

そうです。雨です。困りましたね。

もう24時間営業の健康ランドマンガ喫茶にでも逃げ込みたい。

足の裏マジで痛いし。

 

深夜フェリーには乗りたいけど眠気と疲れで意識が飛びそう。

 

ともかく電話をしてみます。

個室…全滅です…!

 

オワタ

 

と思ったけどなんか雑魚寝スペースかなんかあるらしいし乗れないことも無さそう。

とりあえず行けば何とかなるとの事で急いでフェリーターミナルを目指す。

 

雨も地味に降り続ける。

傘が欲しいのにコンビニが無いんだよね。

 

ともかく4キロくらい歩いたところでなんとか到着。

今回の旅本当によく歩く。

f:id:tenioso:20170908164806j:plain

フェリーでけえ

f:id:tenioso:20170908165440j:plain

 

ともかくチケットを買って乗り込みます。

 

あの…

 

図体の割には客室そこまで広くない…

 

それから、とっても人が多い。

みんな配られてるゴザ敷いて凄いところで寝てる。

もしかしたら金沢の健康ランドよりやばいかもしれない。

 

それからどうにも浴室が見当たらない。

 

クソ程汗かいてベタベタでテンションガタ落ちの中デッキ?的なとこに出てみました。

f:id:tenioso:20170902222335j:plain

 

ええやん…

 

一気にテンション上がってきました。ちなみにi写真はso感度12800だったか25600の超高感度です。

 

とりあえず出発まで時間があるので中を散策すると浴室わかりにくいとこにあったのでさっそく湯船につかります。踵がやはり痛い。

それから今俺は瀬戸内海の上で全裸だと思うとさっきまでの眠気と疲れがどっか行って急に元気になりました。全裸の力は偉大。

 

もう一度デッキに戻るとなんと先ほどの明石海峡大橋を通過するところでした。

 

暗い。

f:id:tenioso:20170902222337j:plain

f:id:tenioso:20170902222338j:plain

通過。iso感度多分5万とか10万。

f:id:tenioso:20170902222339j:plain

f:id:tenioso:20170902222340j:plain

f:id:tenioso:20170902222341j:plain

通過しました

f:id:tenioso:20170902222342j:plain

f:id:tenioso:20170902222343j:plain

 

良いぞ~深夜フェリー良いぞ~

f:id:tenioso:20170902222344j:plain

f:id:tenioso:20170902222345j:plain

 

とはしゃぐも披露の限界だったので奇跡的に空いてたソファで凄い体制をして二時間ほど仮眠を取り朝を迎えるのでした。

 

今回はここまで

ノリと勢いで青春18きっぷ旅してきた話(Chapter2:金沢~福井編)

にゃんぱすーteniosoです。

 

このHNあんま浸透しないけど俺は粘るよ。

そんなことよりサクラクエストがほんとに良くてなあ…見てる人少なすぎだろう。PAってだけで見るよ僕は。低賃金でも大臣達の下僕やるよ僕は。

 

tenioso.hateblo.jp

 

そんなわけで前回の続きです。

健康ランドで過ごした最高の一時は劣悪すぎる睡眠環境でプラマイゼロになりました。

それでも日は昇るしこれ以上長居してもさして体力は回復しないので午前6時だったか7時だったか頃に健康ランドを後にしました。

 

タクシー代ケチりたかったので取り敢えず駅まで4キロ弱歩くことにしましたがたった一日でリュックカメラ三脚のダメージを肩に感じ始めておりました。

 

朝日に照らされれば健康ランドでさえ艶かしくなるね。

f:id:tenioso:20170902222107j:plain

f:id:tenioso:20170902222106j:plain

じゃあな健康ランド

f:id:tenioso:20170902222109j:plain

特に意味は無いけど貴重な晴れ模様だったので。

f:id:tenioso:20170902222108j:plain

特に理由は無いけど高速道路です。

f:id:tenioso:20170902222110j:plain

 

朝っぱらから食わずにあるけばそれなりに腹も減るわけですがどうせならそれっぽいものを食いたい。

でも特段面白いものは見当たらない。

 

イヤホンから流れる曲がPendulumからAs I Lay Dyingに変わった際、ふと見上げるとそこには水樹奈々がいました。

 

そうか、俺の答えはこれか。

気がつくとなか卯で親子丼とうどんを食べていました。

最近少食なんで朝から食うにはボリューミー過ぎました。

 

そんなこんなで日差しに半ギレになりながら金沢駅まで到達するわけですが、せっかくの金沢。

 

金沢城兼六園くらい見ていこうと。

そんなわけで兼六園を目指すわけですが、

ま~~たこれが微妙に歩くんだ。さっきケチらないでタクシー使っちまえば良かったな!!!

 

そんなこんなで踵を地面に叩きつけながら到着。

f:id:tenioso:20170902222111j:plain

入るよ。

f:id:tenioso:20170902222112j:plain

f:id:tenioso:20170902222113j:plain

城まで遠くね?

f:id:tenioso:20170902222114j:plain

f:id:tenioso:20170902222115j:plain

やっと石垣見えてきたね。

f:id:tenioso:20170902222116j:plain

f:id:tenioso:20170902222117j:plain

門を抜けるよ。

f:id:tenioso:20170902222118j:plain

ふつくしい

f:id:tenioso:20170902222119j:plain

f:id:tenioso:20170902222120j:plain

f:id:tenioso:20170902222121j:plain

 

真っ白でとてもびゅーちふるなお城でしたね。

中に入れるのかもですが時間もアレなのでサクッと周り見て兼六園を目指すことにしました。

 

んで、到着。

 

f:id:tenioso:20170902222122j:plain

実は当日までこんな庭園があるとは知らず。

f:id:tenioso:20170902222123j:plain

f:id:tenioso:20170902222124j:plain

イケ池

f:id:tenioso:20170902222125j:plain

f:id:tenioso:20170902222126j:plain

f:id:tenioso:20170902222127j:plain

f:id:tenioso:20170902222128j:plain

f:id:tenioso:20170902222129j:plain

f:id:tenioso:20170902222130j:plain

f:id:tenioso:20170902222131j:plain

f:id:tenioso:20170902222132j:plain

f:id:tenioso:20170902222133j:plain

f:id:tenioso:20170902222134j:plain

f:id:tenioso:20170902222135j:plain

f:id:tenioso:20170902222137j:plain

f:id:tenioso:20170902222136j:plain

f:id:tenioso:20170902222138j:plain

大先輩

f:id:tenioso:20170902222139j:plain

思わずエイ!ってやりたくなるね。

f:id:tenioso:20170902222140j:plain

f:id:tenioso:20170902222141j:plain

f:id:tenioso:20170902222142j:plain

ブルータルデスメタル

f:id:tenioso:20170902222143j:plain

ブルータルデスメタル

f:id:tenioso:20170902222144j:plain

ブルータルデスメタル

f:id:tenioso:20170902222145j:plain

色々思う所はありましたが、感想を良い感じに文字に起こせる気がしないので、とても良かったとだけお伝えしておきます。ザ・趣。

 

まあ食うよね、こういうの。

f:id:tenioso:20170902222146j:plain

 

なんか兼六園だけで数回記念写真頼まれたのでふっつーに撮っただけなのにやけに喜んでもらえて悪い気はしませんでした。

むしろ嬉しくなりました。

 

そんなこんなで金沢駅を目指すわけですが便意的な意味で危機が訪れます。バスに乗ってるからもうすぐ着くし大丈夫だろうと高を括っていたんですが、このバスがなんか微妙に遠回りして行くタイプなので刻一刻と俺を苦しめます。

大蛇に巻き付かれたかのように冷や汗が止まりません。大蛇に巻き付かれたことなんか無いけどな。

 

こんな遥々北陸の地で脱糞騒ぎを起こすような事は決してあってはならない。

目の前には部活かなんかのJKもいるしマジでやばい。

顔真っ青にしつつ駅へ到達。

歩行速度半分にして延命処置を施しつつ虫の息でトイレへ到達するも個室満室!!

万策尽きた。なんの策も講じちゃいないけど万策尽きた。

 

いつぞやの東京の大雪で電車が止まって個室が軒並み埋めつくされた時と同じくらいの危機。これだけはやらんと思ってたんだけど個室を片っ端からノックしました。マジでやばかったもので。

そしたら二人くらいすぐ出てきたんだよね。

 

俺も無意味に個室に入り浸るのはやめようと改めて心に誓ったね。用はスピーディーに。

 

てかこんな話はどうでも良くて、九死に一生を得た私は再び北陸本線で福井方面を目指します。

鈍行は本当に本数が少なくてですね…結局10時過ぎとかになっちゃってたわけですね。

 

ご当地もの回収の儀

f:id:tenioso:20170904160150j:plain

 

暫くすると小松駅ってとこで乗り継ぎのため30分以上の待ちぼうけをくらいます。

とりあえず降りてみると…まあなんもなさそうだ。昼飯にも早いしうろつくには時間がなさすぎるし…と反対の出口を出るとそこには

 

!?

f:id:tenioso:20170904160154j:plain

f:id:tenioso:20170904160128j:plain

まさかKOMATSUってそういうこと!!??

 

本当に知らんかったのでテンションが物凄く上がってしまい三脚を取り出しました。

 

f:id:tenioso:20170902222147j:plain

f:id:tenioso:20170902222148j:plain

f:id:tenioso:20170902222149j:plain

f:id:tenioso:20170902222150j:plain

f:id:tenioso:20170902222151j:plain

f:id:tenioso:20170902222152j:plain

 

やべえよかっこよすぎるよ…

 

にしてもでかすぎるよ・・・タイヤ俺の身長の倍くらいあるよ・・・

 

ひとしきり感銘を受けていたのですが乗り継ぎの電車がやってきたので早々に撤収。

またしても北陸本線で福井方面を目指します。

 

ここからは中国四国など大まかな目的地はあれど基本ノープランなのでこの機会に福井って何があんねんと色々調べておりました。

個人的に興味があるのはタケフナイフビレッジとかなんだけどね。

打刃物作らせてもらえるやつ。予約いっぱいらしいから無理だけど。

そんな中色々調べてると景色良さそうな所はたくさん出てくるものの、

内陸方面が多いんですね。そこまで戻ったりすると中々時間がね。

九頭竜湖とか興味深かったんだけど。

そんなこんなでビビっと反応してしまったのが東尋坊

すげえ有名らしいけど当日まで名前も知らんかった。

火曜サスペンス劇場で有名らしいけどそれであ~ってなるレベル。

しかも自殺の名所で心霊スポットでとなると尻込みするわけですが、

普通に観光名所らしいのでまあ大丈夫やろと。

しかし寄ってしまうとかなり時間を使ってしまう。どうしようかな~って悩んでる間に福井へ到着。

f:id:tenioso:20170902222154j:plain

 

 

これ以上悩む猶予は無いしもーうこりゃ行くしかねえなと。後々後悔するよかマシだと。

てな訳でえちぜん鉄道三国峠を目指します。

f:id:tenioso:20170902222153j:plain

f:id:tenioso:20170902222155j:plain

ローカル感あっていいぞ〜〜

 

最初の数駅は郊外感のある至って普通の街の景色だったんですが、

とある駅にて僕は駅の看板に釘付けになり暫く笑いをこらえる羽目になります。

 

太 郎 丸 エ ン ゼ ル ラ ン ド 駅

f:id:tenioso:20170904161738j:plain

近隣住民の方には失礼かもしれませんがこれほど破壊力のある看板を俺は見たことが無い。

 

まず看板のデザインそのもの自体がファンシー。

キャッチフレーズの笑顔で暮らせるまちにもなんの曇りも感じられない眩しさを感じる。

そして隣の駅は西春江ハートピアへ続く。

最初から最後まで美味しいとかトッポかよと。

 

そんなこんなで一時間程揺られていると終点三国峠へ到着。

f:id:tenioso:20170902222156j:plain

f:id:tenioso:20170902222157j:plain

ここからは路線バスへ乗り換え東尋坊を目指します。

 

f:id:tenioso:20170902222158j:plain

f:id:tenioso:20170902222159j:plain

着きました。

まず真っ先に僕の目に飛び込んできたものがこちら。

f:id:tenioso:20170904162242j:plain

かに!?

何ここそういう感じのノリなの!?

なんかもっとこう人気の無いひっそりした感じのとこじゃないんすか!?

暫く歩くとアメ横か?ってくらい見渡す限りの海鮮系のお店。

霊感ないけどホントに怖いとこだったらなあって不安がってた時間を返して欲しい。

 

とりあえず飯にするには絶好のタイミングではありましたが一刻もはやく崖を拝んで見たかったので海を目指します。

 

着きました。こーいつぁ~~~すげ~~~~。

いやーすげーって感想しか出ませんでした。圧倒されましたね。

 

あと人めっちゃおるやんけと。

どっかで読んだブログ人が全然居ないとか言ってたけど宿もあるし大嘘やんけと。

 

そんなこんなで遊覧船を見つけたのなんの躊躇もなく料金を払い乗り込みます。

とても揺れる。あと結構スピード出る。

ふねのおにいさんが粋な解説を繰り広げてくれるのであっちゅーまに時間が過ぎます。

 

雄島です

f:id:tenioso:20170902222200j:plain

f:id:tenioso:20170902222201j:plain

 

名物東尋坊飛び込みどりゃーおじさんです。

詳しくはググって下さい。出会うと幸せになるらしいです(今俺が勝手に設定した)

 

f:id:tenioso:20170902222203j:plain

f:id:tenioso:20170902222204j:plain

しかしまあよく見えますね。地層が。

f:id:tenioso:20170902222205j:plain

f:id:tenioso:20170902222206j:plain

間近で見るとド迫力アルネ

f:id:tenioso:20170902222207j:plain

f:id:tenioso:20170902222208j:plain

f:id:tenioso:20170902222209j:plain

f:id:tenioso:20170902222210j:plain

f:id:tenioso:20170902222211j:plain

f:id:tenioso:20170902222212j:plain

f:id:tenioso:20170902222213j:plain

f:id:tenioso:20170902222214j:plain

遊覧船を堪能し暫く散策した後、良い加減腹が減ったので悩みに悩んでお店を決めて突撃。なんかバランスの良さそうな海鮮丼にしました。

 

f:id:tenioso:20170902222215j:plain

これがもうビビるくらい美味い。

イカ!今まで食べてたイカはなんだったのか!ってくらいイカ!

美味い!とかじゃなくてイカ!

カニもカニ!ウニもウニ!元々備わってない語彙力も更に下がる一方!

 

とりあえず福井へ来たら東尋坊。これは鉄板。

オススメ。

お前に言われるまでもねえよって話だけど。

 

気が大きくなったので今度は海辺のあたりまで来てイカ焼きとつぶ貝串

見てくれよ・・・このサイズで500円だぜ・・・

f:id:tenioso:20170902222216j:plain

 

ビールは350円を普通。良心的。

とにかくイカ焼きなんて500円くらいするしそんなもんだろうとおもってたんだけどサイズにびっくりね。

んでもって味。これまたびっくりね。

イカ焼きってちょっと硬くて食うのに苦労するイメージあるじゃないですか?ありますよね?

それがもうふわっと噛める。

旨味も凝縮されてたものがジワジワ広がる。

イカちゃんの事を本気で見直しました。

つぶ貝も同様の感想を持ちました。

 

暫く休憩しつつ日の入りを撮ろうと模索していたのですが、残念ながら雲のせいでグラデーションは拝めず。

粘った割には残念な結果となりましたが被写体自体は一級品なのでやはり絵になりますね。

f:id:tenioso:20170902222217j:plain

f:id:tenioso:20170902222218j:plain

f:id:tenioso:20170902222219j:plain

f:id:tenioso:20170902222220j:plain

f:id:tenioso:20170902222221j:plain

f:id:tenioso:20170902222222j:plain

 

はい。本当に悲しいのはここから。時間的には19時近くバスが無いのは承知してましたがなんとタクシーも見る影無し。

ええ…夕方まで普通に居たじゃんかよ…

 

とにかく近場のタクシー会社に電話するもウチの管轄外と事で担当地域のタクシー会社の電話番号を教えてもらい電話をかけてみたところ

 

営  業  し  て  な  い

 

疲れ切った体で4キロ弱、街頭の無い暗闇を歩くことを余儀なくされました。

 

言うまでもないけど心細い。

 

暑いし、暗いし、車通ると怖い。

 

ヒッチハイクしたくて仕方なかった。

おまけに顔にブーーーーーーーーーーンwwwwwってデカい音させながらよくわからない虫ぶつかってくるし。

多分コガネムシとかカナブンとかそのへんだと思うけどあの環境下じゃ変な声出るくらいビビった。

 

暫く歩き進めて海岸が近くなると三国サンセットビーチが見えてきます。

なんか笑い声とかすごいし車もすごいとまってる。

ちょっと覗くとアコギ片手に酒盛りしてる。

とても・・・楽しそうです・・・。

ウェイの風を感じた。

ふと見渡すと民宿も多く建ち並ぶ。

もうこの辺でゴールしたくてたまらないんだけど空いてないのは目に見えてるのでウェイの風を追い風にしつつ歩き進めると…そこにはオアシスが在りました…。

 

日帰り温泉です。

しかも500円!! 

もう即効で入浴いやーな汗やらベタベタしたなにかと一緒に色んなものを落としてきました。

露天風呂が無かったのは残念だけどそこまで贅沢も言ってられない。

 

そんなこんなで身を清めて再び三国峠駅を目指します。

もう目前だったこともあり到着します。

 

f:id:tenioso:20170904180416j:plain

 着いた…

でもまだゴールじゃない…

 

とりあえずまた一時間程揺られて福井駅を目指しそこから再び北陸本線で恐らく宿が見つかるという条件下で限界までコマを進めた結果、敦賀で本日を終えることにしました。

f:id:tenioso:20170904180424j:plain

 さあーて都合よく宿は見つかるのか!?なければマンガ喫茶です。タクシーでちょっとの距離にあるんでライフラインは確保。

ダメ元で目の前の東横インに入ると数分前にキャンセルした人がいるらしく一室空いてるとの事。

 

久々に神に感謝の祈りを捧げたね。

 

そんなこんなでコインランドリーで洗濯しつつ寝落ち、取り込んで乾燥機に出して寝落ちとまたもや大して充実した睡眠が得られずな一夜を過ごしました。

 

今回はここまで

 

 つづき

 

tenioso.hateblo.jp

 

ノリと勢いで青春18きっぷ旅してきた話(Chapter1:高尾~金沢編)

にゃんぱすーteniosoです。

 

今回のお盆なんと奇跡の10連休。カメラのおかげで外出のフットワークが軽くなった私はノリと勢いで具体的なスケジュール決めも宿の予約もせずに18きっぷでぶらり旅を敢行する事にしました。

今回は雨予報で予定がお亡くなりなられたのでチャリ輪行でぺすさんも富山らへんまで同行します。

 

そんな今回の旅の三大俺ルールがこちら。

 

・宿の予約はギリギリまでしないでOK

(というか時期的にどこも埋まってる、星が撮りたい、電車で寝て寝つけないかも)

・ノリと勢いで途中下車OK

(途中下車可能という最大の利点を活かそう)

・行き先多めに大雑把でOK

(どうせほぼ上手くいかんでしょ)

 

 

一日目

 

そんなわけで始まった電車旅の幕開けは勿論始発。中央本線高尾駅よりスタート!

 

f:id:tenioso:20170902234630j:plain

…特段面白いことがあるわけでも無く松本まで到達します。

f:id:tenioso:20170902234715j:plain

いや勿論山梨に入ってからの車窓の風景はそれなりに心打たれるものがありましたよ。首都圏では拝めない山&田んぼ。

 

でも天気がちょっと悪いのと強烈に眠かったのでよく覚えてないですね…。

あ、ずっと寝ながらアラーム鳴らしてる人が居ましたね。

 

 

そんなわけで松本へ到着した我々は…

駅弁を買います。

僕はご当地エールとおやきを買いました。

おやきって初めて食べたんですけどめっちゃ腹に溜まりますね。とても美味しい。

エールは想像通りエールでした。ちょっと濃い目。

写真は撮り忘れました。

 

有明

 

f:id:tenioso:20170902234842j:plain

同名の地ではお祭りが繰り広げられていますね。

三角形のものはたくさん見えますが逆三角形はここには無いようです。

 

 

そして大町へ到着し乗り継ぎ待ち。

 

f:id:tenioso:20170902234908j:plain

ありえん本数の少なさ

 

 

んでもって追い打ちをかけるように大雨で大糸線運休!!

f:id:tenioso:20170902235213j:plain

先が思いやられるぜ!って途方に暮れてたところ代行バスが運行してくれるそうで事なきを得ました。

そんなわけで南小谷まで目指します。

もう残念ながら曇りで北アルプスは一切見えないよ。

 

f:id:tenioso:20170902235507j:plain

木崎湖ですね

f:id:tenioso:20170902235559j:plain

 

というわけで初のワンマン電車でキャッキャしつつ南小谷へ到着

f:id:tenioso:20170902222034j:plain

f:id:tenioso:20170902222033j:plain

f:id:tenioso:20170902222035j:plain

f:id:tenioso:20170902222037j:plain

f:id:tenioso:20170902222036j:plain

f:id:tenioso:20170902222038j:plain

f:id:tenioso:20170902222039j:plain

f:id:tenioso:20170902222040j:plain

 

近くの川でも撮ろうと思ったけど増水しまくりできたない。

 

f:id:tenioso:20170902222042j:plain

f:id:tenioso:20170902222043j:plain

f:id:tenioso:20170902222044j:plain

f:id:tenioso:20170902235629j:plain

近くに酒屋があったけど日本酒とかばかりなので旅中に飲むには憚られる。

なんとなく買った霧島山麓牛乳がむっちゃ美味い

そんなわけで暫く南小樽駅で時間を潰していると代行バスがやってきたので乗り込みます。

そういやバスに何度もハチが入ってきて怖かったですね。

 

f:id:tenioso:20170902222045j:plain

ちなみに代行バスに乗るというのは中々にレア経験だそうですよ。

大糸線沿いの国道を大雨の中走行するわけですがもうべっしゃべしゃですよ外。何はともあれ糸魚川まで到着。

しかも電車とほぼ変わらずの時刻で。

 

 

f:id:tenioso:20170902222047j:plain

f:id:tenioso:20170902222046j:plain

 

 

バス強くないすかバス。

 

四半世紀生きてて初の日本海側デビューですよ。

テンション上がりますよ!雨だけど。

 

とりあえず乗り継ぎまでやっぱり1時間くらいあるので日本海まで出ます。

 

f:id:tenioso:20170902222049j:plain

f:id:tenioso:20170902222051j:plain

f:id:tenioso:20170902222050j:plain

出ました。

 

f:id:tenioso:20170902222052j:plain

f:id:tenioso:20170902222053j:plain

f:id:tenioso:20170902222054j:plain

f:id:tenioso:20170902222055j:plain

それでは日本海を見た感想を言います。

 

臭くない。

 

海って近くに寄るだけで臭いじゃん?

それが無かったですね。まあそもそも港じゃねえしなってのもあるけど。

あとはまあ・・・海だなあって。

 

ホント晴れててくれればね。

 

電車が来たのでえちごトキめき鉄道へ乗り込みます。

残念ながらここからはJRが通ってないんですよね。

 

f:id:tenioso:20170902222048j:plain

f:id:tenioso:20170902222057j:plain

f:id:tenioso:20170902222056j:plain

えちごトキメキ鉄道で日本海沿いを眺めながら酒を飲みつつときめこうにもガッツリ雨。とてもつらい。

 

ちなみにこのご当地のサッポロ美味かったよ。

f:id:tenioso:20170902235959j:plain

 

 

ワンマン電車の流れを凝視つつ気づけば富山へ。

f:id:tenioso:20170903000059j:plain

f:id:tenioso:20170902222058j:plain

f:id:tenioso:20170902222059j:plain

f:id:tenioso:20170902222100j:plain

 

流石に腹が減ったので何かを食うことに。

候補は完全に寿司か富山ブラックの二択。

 

迷いに迷った僕は駅から程無くした所にあったお店で海鮮丼を。

ピントあってねえ。

f:id:tenioso:20170902222101j:plain

f:id:tenioso:20170903000223j:plain

 

沁みる。

とても美味い。

 

そして予定通り富山でぺすさんと解散し本格的に一人旅が始まります。

 

鈍行が来たので北陸本線で金沢を目指します。

 

 

金沢着きました。

暗かったし寝てたので特に何があったか覚えてないです。

 

f:id:tenioso:20170902222102j:plain

f:id:tenioso:20170902222103j:plain

 

当たり前ですが宿は全滅。

ネカフェは4キロ。往復を考えるとケチりたい出費どうしたもんかと悩んでうろうろしてたら

 

そう。この駅カッコイイんですよね。

 

駅を撮るって発想は無かったので早速三脚を絶てて超広角でいくつか撮る事に。

 f:id:tenioso:20170902222104j:plain

まあいいんじゃないすかね(適当)

 

こっちの門は途中雨降ってきてわたわたしてたのでちょっと微妙。

 

f:id:tenioso:20170902222105j:plain

流石に遊び過ぎたので寝床を本格的に探すことに。

そこでやっと気が付いたことがありました。

 

俺は温泉に入りたい!

でもそんな都合よく温泉が近くにあるわけが・・・

 

ありました。

大体4キロ弱。流石にシータクですよ。荷物重いしね。

 

着きました。

f:id:tenioso:20170903000444j:plain

なんともオールドスクールな外観。

たまらんすね。こういうちょっと前の時代感漂う複合施設好きなんですよね。

 

そんなわけで温泉を堪能しつつ雑魚寝でも決めようと思ったんですが宿を取り損ねた人が多いのか死体の山なんですよね。

階段の踊り場とかで寝てる人までいる。

 

一応男だし周り人凄いけど良い場所見つけたので横になるもののヘヴィーな重低音の効いたいびきをかます人がいたので一時間くらいで退散。

しばらくウロウロして和食レストラン的なところが畳式で寝心地よさそうだったのですが、お約束で人だらけだったのでテーブルの下に潜り込んで一夜を過ごしました(多分AM3時くらい)

 

快眠なぞできるはずもなく数時間後、朝6時過ぎには目が醒めるのでした。

 

今回はここまで

 

つづき

 

 

tenioso.hateblo.jp

 

 

いつの間にかレンズが4本になってた話

にゃんぱすーteniosoです。

 

 

f:id:tenioso:20170712155446j:plain

なんだかやだなぁ・・・怖いなぁって言ってるうちにレンズが4本になってました。

別にレンズ沼に入ったわけじゃない!悔しくなんてない!

 

一応言い訳させてもらうと、画質的な面や写りとか性能に関してはぶっちゃけよくわかりませんので全部必要画角をカバーしようとした結果こうなります。

 

なんで順当に勝手に紹介します。

 

一つ目

 

不動の最多使用を誇る重要ポスト。

DA18-135mmF3.5-5.6 

www.ricoh-imaging.co.jp

所謂キットレンズです。

 

キットレンズだけあって舐められるのかすぐに生贄にされてしまうのか結構中古やヤフオクでもゴロゴロしてる印象です。

確かにあんまり寄れないし、明るいわけでもない。

 

でもなぜ使うのか。

 

・比較的小さくコンパクトで嵩張らない

・逆行耐性に極めて強い

・防塵防滴レンズの安心感

・グリーンのラインがとてもかっこいい

・18-135(換算27-202.5)の高倍率ズームは非常に使い勝手が良い

・いやだって純正だし

 

ってなわけで出先では出番が多いです。

 

それでもどうしてもカバーしきれない・・・!!

ってシーンが多々あるのも事実で買い集めたのが以下の三つのレンズ。

なんとなくだけど上記がロックマンのノーマルスタイルだとして各スタイルにチェンジした的な。いや全然違うか。

 

もちろん画質云々、映り云々については巷で言われてるような事もあるんでしょうがやっぱりシャッターチャンス逃すくらいなら・・・ね?ってスタンス。

 

画質、映りにこだわるのはオタクだけだからとにかく良い写真撮れってどっかの誰かが言ってた気がします。

 

ちなみに初心者目線で個人的な感想は割と色がこってりしてる。シャープってよりは滲む感じの印象がある。というのは感じた気がします。

 

でもLightroomとかで結構カバーできると思うんですけどね。

 

作例

f:id:tenioso:20170712152843j:plain

f:id:tenioso:20170712154720j:plain

 

f:id:tenioso:20170518165125j:plain

f:id:tenioso:20170524152009j:plain

f:id:tenioso:20170604212431j:plain

f:id:tenioso:20170604215539j:plain

f:id:tenioso:20170613004350j:plain

f:id:tenioso:20170613004353j:plain

f:id:tenioso:20170613004352j:plain

f:id:tenioso:20170613004326j:plain

f:id:tenioso:20170613004305j:plain

f:id:tenioso:20170712155439j:plain

f:id:tenioso:20170616170030j:plain

f:id:tenioso:20170616170702j:plain

f:id:tenioso:20170712153408j:plain

f:id:tenioso:20170712153429j:plain

 

 

2つ目

SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

 

www.sigma-global.com

望遠です。こーれはもう動物を撮るためですよ。

遠いとこの鳥さんとか。

一応マクロ機能もあるんでお花とか寄って撮れます。

あとサバゲとかで皆を遠くからかっちょよくね、撮ろうと。

 

レビューとしては

・とにかく安い

・軽い

・AFは別に遅くない

・割とシャープ

・色合いはあっさり目

・フォーカスがギュインギュインやかましい

・マクロの切り替えがめんどくさい

・暗い

 

って感じです。暗所で手持ちとかで使うのはちょっと試されるかもしれないです。

映りはパッキパキでは無い気がしますけど初心者なんであまり不満無いです。

たまにしか使わないしあまり金掛けるポイントでも無いかなって判断です。

 

それから悲しいことにサバゲでは望遠よりも足で寄って撮る方が色んな構図取れる事が判明したので更に出番減りそう。

 

でもいざって時あると安心感あるので手放さないよ。

 

作例

f:id:tenioso:20170604220016j:plain

f:id:tenioso:20170604220017j:plain

f:id:tenioso:20170604220057j:plain

f:id:tenioso:20170604220107j:plain

f:id:tenioso:20170604220102j:plain

f:id:tenioso:20170604220152j:plain

f:id:tenioso:20170604220214j:plain

 

f:id:tenioso:20170618232442j:plain

f:id:tenioso:20170604211730j:plain

f:id:tenioso:20170604211509j:plain

f:id:tenioso:20170604212143j:plain

 

f:id:tenioso:20170604212155j:plain

 

3つ目 

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

www.sigma-global.com

 

超広角です。

風景を広く撮るためです。

 

これですよ。スマホとかじゃ絶対にできないのが。

広角端8mm(換算12mm)の広さはマジで圧倒的です。

 

レビューすると

・とにかく広い最高に広い

・歪みは別に気にならない

・バリバリシャープ

・色味は特徴無いけどめっちゃ扱いやすい感じ

・結構寄れる

・割とコンパクト

・ちと重い

・出目金だからフィルター付かない

・結構高い

 

山とか建造物とか自然を撮るならもう絶対使いたいし、これからもチャリ旅、登山、旅行には絶対持ってきたいなと思ってます。

 

作例

f:id:tenioso:20170712152743j:plain

f:id:tenioso:20170712152808j:plain

f:id:tenioso:20170712153350j:plain

f:id:tenioso:20170604222850j:plain

f:id:tenioso:20170604222853j:plain

f:id:tenioso:20170604222913j:plain

f:id:tenioso:20170712154726j:plain

f:id:tenioso:20170716000422j:plain

 

 

 

4つ目

SIGMA  17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

www.sigma-global.com

 

明るい通しの標準ズームです。

何かと屋外ばかりで撮る機会が多いし、

背景ボケボケの写真とかを積極的に撮る事は少なかったんですが、一度ライブでの撮影をしたのを機に急に欲しくなりました。比較的安いしね。後巷でも大絶賛のド鉄板レンズなのであまり迷わずに買いました。

 

レビューすると

・デカイ

・カッコイイ

コスパ

・映りは多分最高

・明るい

・ボケる

・全域で明るさが変わらないので構図や画角替えまくっても露出を気にしなくて良い

・使いやすいズーム域

・でももう少し望遠側にあったらいいなと思う事も

 

暗所、室内、ボケ味に関しては所有レンズで右に出るものは無いので意外と出番はあるかもしれません。外に持ってても良いんですがやっぱ出先だともう少し寄れたらって思う事も多い気がするので純正の高倍率キットレンズを使う事になるのかなって気はしてます。

 

って思ってましたが何撮るにも優秀すぎてキットレンズの存続が危ういのが正直なところです。

 

作例

f:id:tenioso:20170712153914j:plain

f:id:tenioso:20170712153922j:plain

f:id:tenioso:20170712154729j:plain

f:id:tenioso:20170712154732j:plain

f:id:tenioso:20170712154736j:plain

f:id:tenioso:20170712154738j:plain

f:id:tenioso:20170712154741j:plain

f:id:tenioso:20170712154743j:plain

f:id:tenioso:20170715235431j:plain

f:id:tenioso:20170715235432j:plain

f:id:tenioso:20170715235433j:plain

 

f:id:tenioso:20170715235435j:plain

 

そんなわけでここから必要になるものって多分あんまない気がします・・・って言いたいけどSigma17-50よりも解像感やボケ感を求めるとやはり行き着くのは単焦点。50mmF1.8とかになるのかな。ただそんな気合入れるシーンってあまりないので悩みどころ。

でも安いんですよね・・・。評判めっちゃ良いし。

 

一応言っとくと決してレンズ沼にはハマってないよ。

先っちょだけだから。

 

 

 

今回はここまで。

多摩動物公園と高尾山トリックアート美術館へ行った話

にゃんぱすーteniosoです。

 

蔵出しシリーズです。この頃はJPEG撮って出しです。

お察しでけものフレンズに感化されただけなんですが丁度前々からたまには行きたいと思ってたのと、
動きものの撮影の練習に丁度ええなって事で、せっかく西側住んでんだし行かない手は無いなと思い、
最終回の週末にノリと勢いでカオル君ともずく君を巻き添えにはせ参じた時の話をします。

 

動物園に行くのはかなり久しいのですが多摩動物公園は取り分け敷地が広いようでかなり見応えがありました。
しかも入園料も600円ととてもお手頃。

上野動物園に最後に行ったのは10年以上前な気もしますが明らかに広い印象でした。

 

はい。それでは入場します。

f:id:tenioso:20170614162455j:plain

 

まず出迎えてくれたのはチーターさん。

ネコ科は割と寝てるイメージなのですが彼は落ち着きが無さ過ぎました。

ずっとぐるぐる駆け回ってて非常にアグレッシブ。

まともに撮れませんでした。

f:id:tenioso:20170604220221j:plain

次。

早々にサーバルさんです。

実は一度も見たことが無かった。

チーター程でなくともそこそこ動く上に変なとこばかり向くのであまりいいショット撮れなかったですね。

f:id:tenioso:20170604220211j:plain

なかなかアンニュイな表情をなさる。

f:id:tenioso:20170604220213j:plain

この感じがどうもデフォのようですね。

f:id:tenioso:20170604220212j:plain

一番よさげかな。これが。

f:id:tenioso:20170604220214j:plain

ユリたそとルナたそです。

f:id:tenioso:20170604220216j:plain

舌ペロ

f:id:tenioso:20170604220217j:plain

こっちむい・・・

f:id:tenioso:20170604220218j:plain

向いた。

f:id:tenioso:20170604220219j:plain

 

中々味わい深い表情でした。

次加茂さん。ちょっと甘い。

f:id:tenioso:20170604220210j:plain

次、ミンゴさん。全然撮れなかった。

f:id:tenioso:20170604220209j:plain

次、象さん。デカいし陽も当たってて撮りやすかった。

 

f:id:tenioso:20170604220204j:plain

f:id:tenioso:20170604220205j:plain

f:id:tenioso:20170604220206j:plain

次、きりんさん。

f:id:tenioso:20170604220149j:plain

f:id:tenioso:20170604220150j:plain

なんか煽られてる気がする。

f:id:tenioso:20170604220156j:plain

f:id:tenioso:20170604220157j:plain

なんか平べったい奴ら

 

f:id:tenioso:20170604220148j:plain

おっさん

f:id:tenioso:20170604220138j:plain

f:id:tenioso:20170604220139j:plain

 

f:id:tenioso:20170604220143j:plain

f:id:tenioso:20170604220141j:plain

なんとなく咲きかけだったので

f:id:tenioso:20170604220135j:plain

f:id:tenioso:20170604220136j:plain

本命のうちの一つのワシさん。

かっくいーねー。

f:id:tenioso:20170604220118j:plain

f:id:tenioso:20170604220125j:plain

f:id:tenioso:20170604220124j:plain

f:id:tenioso:20170604220126j:plain

 

 

f:id:tenioso:20170604220129j:plain

f:id:tenioso:20170604220131j:plain

ふくろうさん。

f:id:tenioso:20170604220123j:plain

f:id:tenioso:20170604220122j:plain

f:id:tenioso:20170604220119j:plain

f:id:tenioso:20170604220120j:plain

カンガルーさんは今日営業していないみたいですね。

f:id:tenioso:20170604220111j:plain

f:id:tenioso:20170604220112j:plain

f:id:tenioso:20170604220113j:plain

f:id:tenioso:20170604220115j:plain

カワセミさんのお仲間的なやつ

f:id:tenioso:20170604220109j:plain

f:id:tenioso:20170604220110j:plain

おっさん season2

f:id:tenioso:20170604220057j:plain

 

f:id:tenioso:20170604220058j:plain

 

 

f:id:tenioso:20170604220102j:plain

 

 

f:id:tenioso:20170604220105j:plain

f:id:tenioso:20170604220107j:plain

トラさんは上手く撮れなかったですねえ

f:id:tenioso:20170604220101j:plain

ユキヒョウさんもいまいち

f:id:tenioso:20170604220055j:plain

オオカミさん

f:id:tenioso:20170604220050j:plain

レッサーパンダさん。

f:id:tenioso:20170604220053j:plain

名前忘れた

f:id:tenioso:20170604220051j:plain

f:id:tenioso:20170604220052j:plain

トナカイさん。鹿系の動物って可愛い顔してるよね。

f:id:tenioso:20170604220054j:plain

お馬さん

f:id:tenioso:20170604220047j:plain

いかつい鳥さん

f:id:tenioso:20170604220045j:plain

カモメさん結構悪そうな顔してるよね

f:id:tenioso:20170604220037j:plain

ミミズクさんお眠ですね。

f:id:tenioso:20170604220040j:plain

カメラ目線頂きました。

f:id:tenioso:20170604220041j:plain

なんだっけ・・・

f:id:tenioso:20170604220031j:plain

とてもかわいい

f:id:tenioso:20170604220033j:plain

ここからは超絶怒涛のオウムタイム

f:id:tenioso:20170604220013j:plain

f:id:tenioso:20170604220014j:plain

f:id:tenioso:20170604220015j:plain

f:id:tenioso:20170604220016j:plain

f:id:tenioso:20170604220017j:plain

 

f:id:tenioso:20170604220019j:plain

f:id:tenioso:20170604220020j:plain

f:id:tenioso:20170604220021j:plain

f:id:tenioso:20170604220022j:plain

 

f:id:tenioso:20170604220024j:plain

尾の一部の羽を落としているので飛んでかないらしいよ。

 

おさるさん。

f:id:tenioso:20170604220012j:plain

 

そんなこんなでひとしきりみたな~~って思ってたら虫のコーナーとかもあったんですよね。

流石に一々撮らなかったけど蝶まみれになれる温室があったんだけどあいつら撮るのすんげームズいのな!

f:id:tenioso:20170604220005j:plain

f:id:tenioso:20170604220006j:plain

f:id:tenioso:20170604220007j:plain

 

というわけで動体撮影デビュー終了です。

お疲れ様でした。

 

ちなみにその後は時間が昼過ぎと夕方にもなっていないのでノリと勢いで高尾山方面にあるトリックアート美術館へ行くことにしたので幾つか。(全部キットレンズ)

 

f:id:tenioso:20170604215710j:plain

f:id:tenioso:20170604215711j:plain

f:id:tenioso:20170604215712j:plain

f:id:tenioso:20170604215713j:plain

f:id:tenioso:20170604215714j:plain

 

f:id:tenioso:20170604215920j:plain

f:id:tenioso:20170604215923j:plain

f:id:tenioso:20170604215926j:plain

f:id:tenioso:20170604215928j:plain

f:id:tenioso:20170604215927j:plain

 

f:id:tenioso:20170604215930j:plain

 

f:id:tenioso:20170604215936j:plain

f:id:tenioso:20170604215938j:plain

 

 

f:id:tenioso:20170604215958j:plain

f:id:tenioso:20170604215955j:plain

 

f:id:tenioso:20170604220000j:plain

f:id:tenioso:20170604220002j:plain

 

たまにはこういうとこ来るのも良いもんですね。今回は野郎だけでしたが。

 

だしか那須だったかのトリックアートは光沢が無くてもっと奥行き感感じたような気がします。若かったってだけなのかもですが。

 

今回はここまで。

 

 

 

 

 

 

 

東京競馬場花火大会で花火撮影デビューしてきた話&高感度テスト

アールイーズウェール!teniosoです。

最近友人が激推ししてたインド映画「きっと、うまくいく」を見てボロ泣きしてしまいました。
ご都合主義展開、デウスエクスマキナ展開、お涙頂戴展開が垣間見えるとどうしても興醒めするのですがこれに関しては何から何まで話の転がり方が見事で3時間という尺を感じませんでした。
アマゾンプライム会員の方は視聴できます。
プライム会員じゃない人でも買うなり借りるなりしてぜひ見てみて下さい。

 

 

f:id:tenioso:20170711134552j:plain


あ、本題は花火の撮影の話でしたね。

 

最後に香港の夜景撮影以降誇りを被る一方のVelbon Sherpa535Ⅱちゃんを出動させる機会は無いかと画策していた所どうやら近所で30分だけですが花火大会があるとの情報を手に入れたのでNDフィルターとケーブルレリーズをポチって挑戦してみることにしたんですね。

 

そんでバルブ撮影に使うならリモートよりもケーブルレリーズの方がええって事で物色してたんですがどうもPentax K70には汎用レリーズは使えないとのこと。

 

仕方ないので純正にしようと思ったとここれが中々にお高い。
リモコンでも良いかなって調べてたところ、2.5mmを3.5mmに変換するプラグがあれば使えるとのことで早速一式ポチりました。

 

結果から言うと失敗でした。

 

僕が使い方を良くわかってなかったり設定ミスなのかもしれませんがケーブルレリーズでシャッター切った後は本体で切ったりしないと切れなかったりと使えたもんではありませんでした。

 

やらかしちまいましたね安物買いの銭失い。
多分回転寿司で満腹になれるくらいの額ドブに捨てた。

 

ちなみにNDフィルターはバッチリでした。
でもこれつけるとレンズフードやキャップ付かなくなるのんな。

 

そんなわけでどれくらい近いかわからないしsigma17-50F2.8とSigma70-300を携えて行ってまいりました。リモートは評判の悪い純正スマホアプリで。

 

現地入りは思いの外ギリギリになってしまったけど府中駅を降りても花火大会の案内もなくそれ向かうと思われる通行人も少ない。

日にち間違ってないよなと不安を抱えつつ会場へ向かうと急にどこからともなくゾロゾロ一方を目指す人が増えます。

どっか適当に会場外から撮ろうと思ってたんですが競馬場ってまあ大きいのでこれは中入らないと無理だなと感じて馬場内を目指す事に。スタンド席はパツパツでしたがこちらもすんごい人ですね。

三脚これ無理だろ・・・ってか禁止なんじゃ・・・と不安は募るばかりでしたが、

禁止の表示も無く中を進むと以外と広々としていておそらく立てても迷惑にはならなそうなスペースもあり既に三脚立ててスタンバってる人も居たので近くへお邪魔することに。

 

花火を見る事自体への興味はもうあまり無かったのですが、こんな間近で久方ぶりだったので普通に楽しめました。ソロだけどな!

 

んで最初の一発目から感じたのですがとにかく難しい!

近くに来過ぎてしまったというのもあるのかもですがどこに打ち上がるかわからないので広角で撮るわけですがどうにも情報量の少ない写真になりがち。

ちなみに思ったほど明るいわけでも無かったのでNDフィルターは必要では無さそうですぐ仕舞いました。

望遠もまったく必要無さそうなので17-50で広角端、望遠端を交互に繰り返して撮ってました。

あと結局シャッターも本体で切ってましたね・・・

 

バルブの長秒露出なので基本は広角、たまにギュンと望遠端までズーム。

ピントは無限遠固定ですがたまに逆に回したりすると面白くなるので試そうと思ってたものの完全に忘れる始末。

 

そんなこんなで奮闘した結果がこちらです。

バリバリトリミングしてます。

 

f:id:tenioso:20170709234454j:plain

f:id:tenioso:20170709234456j:plain

f:id:tenioso:20170709234455j:plain

f:id:tenioso:20170709234458j:plain

f:id:tenioso:20170709234457j:plain

f:id:tenioso:20170709234459j:plain

f:id:tenioso:20170709234445j:plain

f:id:tenioso:20170709234444j:plain

f:id:tenioso:20170709234446j:plain

f:id:tenioso:20170709234447j:plain

f:id:tenioso:20170709234448j:plain

f:id:tenioso:20170709234449j:plain

f:id:tenioso:20170709234450j:plain

f:id:tenioso:20170709234451j:plain

f:id:tenioso:20170709234452j:plain

f:id:tenioso:20170709234453j:plain

 

現像は色温度下げ目、かぶり上げ目。

シャドウと黒レベル上げ目。

チートのかすみの除去もバンバン使ってます。

 

あとはノリで適当に。

 

慣れてる人からすると素人臭い現像なのかもですが当社比では傑作です(自画自賛

まあピントが甘いとかブレてるとか反省点は多々ありますけど

駆け出しの身としてはこんな写真が撮れた事に謎の感動を覚えます。

次回はピントリングガンガン回したり、遠目から望遠で狙って撮ってみたいなと思いますね。

 

ついでですがsigma17-50を買ってからライブ撮影と自分のギターを撮るくらいでしか使ってなかったので開放F2.8でISO3200くらいまでの高感度テストをしてみました。

RAW撮りだけどLightroomで露光上げたりしてません。

シャッタースピードは1/40くらいだったはず。たまにiso1600とか2000くらいのも混ざってます。

 

これが競馬場内にあったお馬さん

f:id:tenioso:20170709234500j:plain

逆から

f:id:tenioso:20170709234501j:plain

 

結構良いんじゃないすかね・・・K-70優秀ですね・・・。

 

続いて競馬場外観。これはiso2000とかそのへんだった気がする。

まずまずな感じ。

f:id:tenioso:20170709234502j:plain

f:id:tenioso:20170709234503j:plain

 

石像的なやつ。これは3200でも流石に暗いかな。悪くない暗さだけど。

f:id:tenioso:20170709234504j:plain

ここも2000くらいだった気がする。雰囲気出ますね。

f:id:tenioso:20170709234505j:plain

ボケ感も良いですよね。

f:id:tenioso:20170709234506j:plain

f:id:tenioso:20170709234507j:plain

噴水

f:id:tenioso:20170709234508j:plain

水道

f:id:tenioso:20170709234510j:plain

逆光でバラ

f:id:tenioso:20170709234509j:plain

連絡通路

f:id:tenioso:20170709234511j:plain

 

いやー評判通り超使えますね。

このままではきっとレンズのDA18-135の出番が来なくなって危ういですね・・・

バリバリ使っていこうと思います。

 

今回はここまで。

埼玉のPeaceKeeperでサバゲした話

ジョンウィック2のあらすじがどこを切り取っても最高なんですよ。

"想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。"

この一文だけで見ようと思いました。

 

にゃんぱすーteniosoです。

 

実は私、思いつきでノリと勢いでさばや通信って名前でサバゲのチーム的なもの立ち上げたんですが当の本人が放置してろくに企画も立ててないので各々思い思いに企画したりしてくれてるわけですが、今回はリツパイセンが拾ってきてくれたイベントに馳せ参じてきました。

 

あ、因みに部員募集中です。

 

長らく財政難で半年に一度くらいしか参加してなかったんでもうサバゲの感覚を徐々に失いつつあるんでなんとなく新鮮な気持ちで望めるな!って思ったんですけど過去例にないタイプのフィールドだったんで普通にフレッシュに楽しめました。

僕埼玉のフィールド初めてだったんですけど、シスターとかこんな感じらしいですね。

 

詳細なレビューは他のブログに任せるとしてこうバリケだらけなフィールドって結構怖いイメージがありました。

 

CQB(近接戦)だらけとか鉢合わせとか。

 

しかし案外中距離から抜かれたり、裏を取られたりとあまり膠着しない良いフィールドだなと感じました。

安全地帯があるとの声もありましたが個人的にはあまり落ち着いていられないなという印象でした。

割りと積極的に前に出ても後ろで芋ってても楽しめるでしょうけど、

肝の座ってる人はガツガツ攻略しに行くと多分楽しいと思います。

 

その他特筆すべき点としてセーフティーエリアのテーブルすべてに扇風機が設置されている事でしょうか。

 

こーれが本当にありがたい。

 

お昼は注文式の配送のお弁当です。

パワー系の弁当でした。

 

肝心の戦績ですが一発も撃たずに退場する事で定評のある私ですが、初戦から快調に面白いくらいヒットが取れましたね。

慣れてない方が多いのか、自分との相性が良いのか。

でもこのフィールドでフルオートは流石に厳しいです。

跳弾しまくりで怖いしわけわかんねえっす。

あ、あとスパイ戦で初めてスパイ役をやったんですが10数名やっつけて逆転することができました。

ゲームには勝ちましたが私生活で口聞いてもらえなくなる可能性もあるので早々にやられておけば良かった感がありました。

お前どうせその話当分武勇伝にするだろって言われましたけど無論です。

ゲームってわかってても超ドキドキしますよスパイ戦。

貸し切りの機会があれば積極的に取り入れたいですね。

でも肝心のスパイをお互い覚えてないとダメなんですよね。

同じチームにめっちゃ撃たれましたから・・・

 

そんな感じでHP高い人が居たり歯を折った人が居たりでしたが非常に楽しめました。

 

打ち上げは某所でハツ刺しとか食ってました。

 

今はタフゾーンとかリトルヘッドショットとかキャンプデブグルとかで貸し切りの企画を考えてます。

 

人数集まればもうちょっとでかいとこでできるんですけどね・・・。

 

以下写真です。

 

f:id:tenioso:20170618232442j:plain

f:id:tenioso:20170618223906j:plain

f:id:tenioso:20170618232440j:plain

f:id:tenioso:20170618232443j:plain

f:id:tenioso:20170618232444j:plain

f:id:tenioso:20170618232445j:plain

f:id:tenioso:20170618232446j:plain

f:id:tenioso:20170618232447j:plain

f:id:tenioso:20170618232448j:plain

今回はここまで。