Azalea Hills Church

ゆる旅ブログという名の懺悔室

チャリでのんのんびよりの聖地巡礼をして出社できなくなった話

にゃんぱす、teniosoです。

のんのんびよりの新作決まりましたね。三期と銘打ってないのでどうなるか不透明ですが。

f:id:tenioso:20170604234152j:plain

シーズン的にはとっくに過ぎてしまったのですが花見がてら、聖地巡礼って事でモデルにもなった旧小川小学校下里分校に行ってきたライドレポートをします。

結果から書くと走行距離140km、獲得標高1000m程でした。

前回のライドはチャリダー界では定番の練習コースと名高い尾根幹往復を敢行してきた訳ですが、その練習コースですらヒィヒィ悶え苦しみながら完走するレベルの脚力にも関わらず、次へのステップでこの目的地を選ぶのはいくらんでも早計で己の力量に釣り合わな過ぎるとは自覚していました。

案の定、レベルが飛躍しすぎ&刺客の見晴らしの丘により無事、満身創痍となる結果に終わりました。

翌日余りの脚の痛さに心臓より脚を高くしても寝れなかったり、トイレに匍匐前進して行ったり、水風呂半身浴をずっと続けても結局月曜日出社できませんでした。

 

でも行きたかったんですよ。シーズン真っ盛りということも相まって。

とにかく良いものです。桜と廃校って組み合わせ。
エモみに溢れてました。

そんなわけで写真を交えつつというか写真メインの雑なレポをします。

 

朝からシュークリーム

朝6時へ某駅前へ集合。起床は午前4時半。

集合場所の駅へ向かい、いつも通り当ブログではお馴染みのぺすぺすさんと合流します。


ここでまずは朝飯を済ませます。普段チョイスしないシュークリームとか高カロリーな菓子パンこれ見よがしどんどこ食います。なんの罪悪感もありません。

f:id:tenioso:20170604234249j:plain

入間へ

朝食を済ませ、まだ交通量の少ない都内を抜けて入間方面まで向かいます。

入間へ突入すると、あれ程溢れかえっていた都会感も急に視界から消えていき、色鮮やかなお花畑、雄大な山々、人の手が加えられているのか判別つかない様な畑が急増します。

f:id:tenioso:20170604234247j:plain

f:id:tenioso:20170604234251j:plain

開幕早々心と脚を折られかける

入間を抜けて風を切るのも束の間、そこからはアップダウン祭り

キツすぎてよく覚えてません。

途中、白石峠という有名なスポットである峠へ向かう細身なチャリダーさんたちが多く散見されました。

ぺす「白石峠行きたい。」

ぼく「それは、だめですって。」

ぺす「行きたい。」

ぼく「だめです。」

小川町へ

休憩を挟みつつ、既にHPMP共に半分も残っていない想定外(想定内)な状況にまで追い込まれるも、小川町方面まではトラブルも発生せずに到着することができました。

 

ここまでは良かったんだ!!ここまではな!!

 

まだお昼ごはんには少々早すぎる時間帯ということもあり、何か面白そうなところは無いかと探索していたら、どうやら桜のスポットの一つである見晴らしの丘があるらしく早速向かってみました。

 

超近かったので。

 

刺客現る

ぼく「なにこれ山やんけ」

ぺす「HAHAHA」

 

死にました。

インナーローがクソ重く感じました。いや重いなんてもんじゃない。地球を蹴っているかの様な感覚でした。100倍重力室とかあったらこんな気持ちになるのかもしれません。多分4kmとかそんくらいで倒れるか倒れないかくらいのスピードでプルプルフラフラ。

車が居ないのをいいことに、無茶苦茶に蛇行しながら登板。

直線で登板していたら間違いなく足がついていたことでしょう。

体力はおろか、気力のリザーブタンクすら消化しきってしまいました。

見晴らしの丘頂上

頂上へ到着し、自然と同化し大地の呼吸を感じるプライスレスな一時を過ごししました。

(しんどすぎてしばらく寝そべってくたばってただけです。)

f:id:tenioso:20170604234248j:plain

(筆者愛用のヘルメット)

10分程、頂上の展望台で横たわっていたら階段へ登る気力程度は多少湧いてきたので展望台へ。

f:id:tenioso:20170604234237j:plain

f:id:tenioso:20170604234238j:plain

とてもいい感じ。

f:id:tenioso:20170604234234j:plain

f:id:tenioso:20170604234240j:plain

Nature core…

f:id:tenioso:20170604234227j:plain

f:id:tenioso:20170604234233j:plain

やはり景色の良い眺めは心身に癒しの効果があります。丘も満喫したので急すぎるダウンヒルをして本命の小川小学校へ向かいます。

旧小川小学校下里分校

到着しました。大変Goodです。

f:id:tenioso:20170604234225j:plain

ヤシの木的なアレです。窓にあるスピーカーからずっとピアノの独奏流れてて無駄に涙腺に刺激してきます。花粉のせいではないです多分。

f:id:tenioso:20170604234226j:plain

にゃん

f:id:tenioso:20170604234222j:plain

静まり返った廊下というのはなんとなくおセンチになります。

f:id:tenioso:20170604234221j:plain

遊具です。ちょっとこの規模にしては充実し過ぎなのでは!?

f:id:tenioso:20170604234219j:plain

校舎の裏に立つ桜ってのがまた趣がありますね。幾多の少年少女が成長していく様を見届けてきたのでしょう。

f:id:tenioso:20170604234220j:plain

桜の花びらが良い感じに舞っていたのですが、その様を激写するのは中々難しかった…。

f:id:tenioso:20170604234212j:plain

教室、音楽室。もぬけの殻でやはり賑やかさが無いと物悲しく感じてしまいます。

f:id:tenioso:20170604234213j:plain

f:id:tenioso:20170604234150j:plain

黒板は期待を裏切らなかった。

f:id:tenioso:20170604234151j:plain

f:id:tenioso:20170604234152j:plain

かっこいい形してますよね。

f:id:tenioso:20170604234214j:plain

遊具&桜。

f:id:tenioso:20170604234154j:plain

この手の朝礼台で木材が使用されているというのがまた味わい深いですね。

f:id:tenioso:20170604234209j:plain

謎の遊具(落下要素は無いよ。)

f:id:tenioso:20170604234144j:plain

タイヤさんです。今本当にこのタイプの遊具見かけなくないですか…?

f:id:tenioso:20170604234138j:plain

ゴールネット越しに一枚。

f:id:tenioso:20170604234143j:plain

f:id:tenioso:20170604234142j:plain

Nature core...(2nd season)

f:id:tenioso:20170604234204j:plain

いつまでもののほんと居れる謎の魔力を秘めた地でした。

なんか色々記入されてるノートとかあったんですが撮り忘れました。

道の駅、麺工房かたくりへ

その後は道の駅でうどんをいただきました。麵工房かたくりってうどん屋さん。

失礼ながらサービスエリアくらいのクオリティだろうと高を括ってたら茶苦茶美味くてビビりましたよ。

 

写真はまたもや撮り忘れました。

帰路へ

そこからは悲惨でした。踏んでも踏んでも進まず上り坂では毎度死亡

気づけば何度も離されるとボッコボコのボコでした。

以前、ノリと勢いで挑戦した高崎アタックの悪夢を思い出すレベルでしんどかった…。

 

満身創痍になりながらも辛うじて帰宅後、風呂に入り、近所の店で調子に乗って刺身盛りで豪遊して一日を終えました。

 

旧小川小学校下里分校とてもええですよ。皆さんも是非。

  

今回はここまで。

 

(使用したカメラとレンズ)